11月 16, 2013 at 12:00 AM • Posted in 海外独自のエステプランモナコの「レ・テルム・マラン・ド・モンテカルロ」 はコメントを受け付けていません。

モナコの「レ・テルム・マラン・ド・モンテカルロ」はヨーロッパでも有数のスパリゾートです。
ヨーロッパには日本とは少し種類は違うものの、たくさんの天然温泉があります。
それらの多くは「タラソセラピー」という海水成分を使用したスパとして利用されています。

地中海の海水を使用したタラソセラピーは人の体にとてもよい影響を与えてくれるものとして、リゾート地では数多くの施設が運営されています。
中でも女性にとても人気があるのが、モナコのモンテカルロ中心部にあるタラソセラピーセンターの「レ・テルム・マラン・ド・モンテカルロ」です。
レ・テルム・マラン・ド・モンテカルロは20世紀の初頭には既に存在していたというかなり歴史のあるタラソセラピーセンターです。

モナコは地中海に面したとても美しいリゾート地ですが、このレ・テルム・マラン・ド・モンテカルロはそんな景色を十分に利用した、世界一美しいスパとしても知られています。

そのため、年間を通して世界中から数多くの観光客が訪れており、海外セレブ御用達の場所としても有名です。
モナコを訪れる目的をレ・テルム・マラン・ド・モンテカルロと言い切る人もいるほどなので、ヨーロッパ地域に旅行に行くならぜひともおさえておいてもらいたいところです。

敷地内には、広大なマリンケアワールドとして6600平米にもおよぶタラソセラピー施設があります。
サンデッキに面して作られたプールの中にはたっぷりと汲み出してきた海洋水が入れられており、利用者は水着を着てこの中に体をひたしていきます。
日本においては温泉施設は男女別に裸になって入るものですが、海外のスパは水着を着用して男女兼用で利用するのが一般的です。

タラソセラピー施設としては他にもサウナや中東式のお風呂であるハマム、ジャグジーのついたお風呂といったたくさんの設備が整えています。
さらには37種類にもなるトリートメントを使用するというトリートメントルームや5つの色を使用したテーマ別の美容プログラムなど、かなり本格的なケアを受けることが出来ます。

リゾート施設としても一流の設備となっているので、中で地中海の恵みをたっぷりと含んだ料理を味わうことができるようになっています。

スパプログラムとしては、集中的に行う食事両方を含んだ6日のコースの他、デイプログラムとしてお手軽に1日で受けることができる方法との二種類が用意されています。
日本語の紹介ページもあるのでチェックしてみてください。

Sorry, comments are closed.