7月 17, 2013 at 12:00 AM • Posted in リラクゼーションを求める話題のフーレセラピーを体感 はコメントを受け付けていません。

「フーレセラピー」とはどのような施術か知っているでしょうか?

フーレセラピーとは、今から数千年前の中国で生まれた足裏部分に集中して行う美容方法です。

もともとは中国で治療目的や僧侶の修行のためのものとして発達しましたが、その健康効果が実証されていくにつれ、より一般市民にも利用がしやすい方法として民間に伝わっていきました。

足裏に行う施術としては、日本でもおなじみの足裏マッサージや足つぼといったものが思い浮かびますが、フーレセラピーはそれらとはまた一線を画するものとなっており、サイメンタルヒーリングという概念からの東洋医学の思想に沿ったものとして知られています。

フーレセラピーの目的は体内をめぐる循環系の器官を活発化させて体内からの活力を取り戻していくというものです。

そのため足のさまざまな部位を使って筋肉を順にもみほぐしてゆき、そこから筋肉に入り込んだ疲労物質を取り除いたり血液やリンパ液の流れを正常なものへと導いていきます。

 

フーレセラピーで特徴的なのは、施術を行う側の人が足を使ったマッサージを行うということです。

施術を受ける方は床の上に寝転んだ状態となり、施術者側は脇などに立って自分の足を相手の体の上に乗せていきます。

足を使ったマッサージはそれほど珍しいものではないように思えますが、台湾式などは施術者は体のバランスをとるため脇に捕まり棒をおいて行うのに対し、フーレセラピーでは完全に独立した状態で足を使っていきます。

もともとは僧侶の修行に使われていたらしく、施術をしている側もかなりの体力と技術が必要であるということが特徴的です。

足を使うマッサージでは、当然のことながらハンドマッサージに比べて力の入れ具合を強くできるとともに、受ける側にほどよい痛みを与えることができます。

好みにもよりますが、やはり効果のあるマッサージにはグイグイと押される痛みがつきもので、適切なツボ押しがされたあとには、痛みこそ残るもののイタ気持ち良いというか体の内部からすっきりとした気分を味わうことができるようになります。

 

フーレセラピーを都内で受けるなら、日本橋にある「フーレセラピー ミュゲ」というお店がおすすめです。

初めての利用のときには30分で3000円というお手頃価格からスタートできるのも嬉しい点です。

最初の訪問時にはカウンセリングによって体内のどの部分に悪いものが溜まっているかを判断して施術内容を決めてもらいます。

 

 

Sorry, comments are closed.